がんは、日本人に取って身近であり恐るべき病気である。
その中でも、女性のみかかるがんが存在する。
子宮頸がん、子宮内膜がん、卵巣がんなどである。乳がんは、稀ではあるが男性にも見られるがんであるため、ここでは省く。

子宮頸がんや子宮内膜がん、卵巣がんには様々な症状やリスク、治療方法が存在する。
基本的にがんの治療方法は手術による除去、放射線治療による患部の消滅、抗がん剤治療による転移したがんの治療が一般的に行われる治療である。
子宮頸がんや子宮内膜がんは発生する位置的に早期の発見が可能であり、治療のし易いがんである。
しかし、卵巣がんは発見やその初期症状が出るのがとても遅く、治療にも問題が重なる可能性が大いにある。

卵巣とは、腫瘍やその他の問題を抱えやすい部分であるために、産婦人科では特に注意して検査がおこなわれる部分である。
卵巣がんとは、文字通り卵巣に発生するがんであり、年齢に関係なく発生するリスクが高い。
初期症状は前述のとおり自覚しにくいが、主に腹痛や頻尿、胃や腸の異常、腹部の張り、体重減少、などが確認できる。
しかし、原因はハッキリとはわかっていない部分が多く、産婦人科での検診や健康診断で発覚するというケースが多い。

治療としては、手術による除去を行ったあと、取りきれなかったがんを抗がん剤によって抑えていく療法が基本である。
手術で全てのがんを取りきれる保証は少なく、平行して抗がん剤による治療を行う事で、残ったがんの進行を防ぎ、治癒していくことができるのである。

しかし、抗がん剤には大きな副作用がおこるため、患者の体には大きな負担としてのしかかることになることが殆どである。
そんな抗がん剤治療をてだすけしつつ、患者の体への負担を減らす技術が近年確立された。
免疫細胞療法やNK細胞療法などの、患者自身の細胞と免疫力を使った方法である。
免疫細胞療法は、患者の細胞にがんに対向する力を付与し、培養、活性化させる。そのご患者に再び投与しても、元々その患者の細胞であるため副作用は起こらずがんに対する抵抗力が強くなるのである。この作用はこうがんざいと共に使用することで抗癌作用をさらに強化させることが可能である。
NK細胞療法も同じように患者自身の免疫力自体を強化、利用するため、患者自身に影響は与えず抗癌作用だけを強くすることが出来る療法である。
このように、患者の体を気遣う療法も出現し始めており、患者に取って、ひいては女性にとって心強い治療環境になりつつあるのである。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年4月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
    克服方法

    卵巣がんの治療方法としては、主に手術と平...

    Readmore
    リスクと症状

    女性特有の癌である子宮がんや卵巣がんは、...

    Readmore
    女性の体を助ける

    子宮頸がんや卵巣がんは女性のみに起こるが...

    Readmore
    患者の体への負担

    卵巣がんをはじめ、食道がん、肺がん、子宮...

    Readmore